オーナーの利益を最大にする

オーナーの利益を最大にする

株式会社プレストサービスは、大村浩次が代表を務めるAPAMAN株式会社のグループ企業です。賃貸管理事業やマンション管理事業など、不動産関連の事業を幅広く行っています。特に大切にしていることが、オーナーの利益を最大にすることのようです。それはどういったことなのでしょうか。

 

<入居者問題>

 

物件を所持しているオーナーにとって、頭を悩ませるのが入居者の問題です。せっかくの物件なのに、入居者が入らないと何の収益にもなりません。空き室はゼロであることが望ましく、一つでも空きがあると家賃収入が入らず、あまり良い状態とはいえません。

 

株式会社プレストサービスでは、オーナーに代わって入居者の募集を行います。そして、契約から退去まで一通りの手続きも、全て代行で行います。更に、共用部の管理であったり、入居者からのクレーム対応であったり、家賃の管理や督促行為なども行うようです。オーナーにとっては、自分で何もしなくても、物件に人が入ってくれ、安定した家賃収入も得ることができるので、とても安心できるのではないでしょうか。賃貸物件における入居者問題を解決してくれる存在と言えるでしょう。

 

<大切なマンションを管理する>

 

株式会社プレストサービスは、オーナーが所持しているマンションの管理も行っているようです。定期的な設備点検を行ったり、巡回パトロールをしたり、電球切れやトラブルが起きていないかどうかもチェックします。さらに清掃業務も行っているとのことなので、入居者が常に快適に過ごすことができるように管理しているといえるでしょう。管理の行き届いたマンションは、入居者が定住してくれますし、仮に空き部屋が出ても、すぐに入居者が来てくれます。マンションをしっかりと管理することは、オーナーの利益を最大にするということにつながるのではないでしょうか。

 

<リノベーションも行う>

 

物件は、年数が経過するとどうしても痛んできたり、汚れてきたりするので、入居者が入りにくくなります。それを解決するのがリノベーションです。新築同様に再生することで、築年数が古い物件でも、魅力的な物件へと変貌します。デザイン面、利便性が高くなり、しかも家賃も新築ほど高くないので、入居者にとってもリノベーション物件は魅力のようです。株式会社プレストサービスはこうしたリノベーション対応も行っているとのことです。

 

アパマングループは、賃貸斡旋事業が中心であり、代表を務める大村浩次がFC加盟店を増やし数多くの入居者と契約してきたとのことです。そして同じようにオーナーに対しても、利益を最大になるように貢献することで、魅力的な物件を増やしています。大村浩次が行っている事業は、不動産事業者に対しても、入居者に対しても、そしてオーナーに対しても価値を提供しているといえるのではないでしょうか。

更新履歴